新卒2週間で辞めた奴のUI/UXデザイナー備忘録

「UX/UIデザイン」と「web運営」、たまにプログラミングや意識高い系の記事を発信

長期的なサービスにはUXデザインが必須!マーケティングとの違いはなに?

こんにちは!

色々あって新卒で入った会社を二週間で退職(インターン2年間してたのに、、)

現在UXデザイナーとして海外渡航を目指してるりゅーやです。

 

今週末に彼女さんとキャンプへ行こうと思っていたのですが、

天気が悪い、さらには台風が来てるということで延長することに決めました。

(実は雨天での延長3回目)

 

本日も天気が悪い中、会社で仕事をしていたのですが

ふと頭に浮かんだ疑問があります。

 

UXとマーケティングの違いは何か

 

気になりませんか?

だって、”顧客目線”や”価値提供をする”という考え方はほとんど似通って

いるように思えます。

 

ということで、UXとマーケティングの違いを考察してみました。

 

*今回UXに関する説明は省いているため意味がわからない方は

以下の記事も読んでみてください。

vevarasana0724.hatenablog.com

 

 

f:id:ryuya_u:20180927224935j:plain

目次

 

マーケティングとは

そもそもマーケティングって言葉の意味、

知っていますか?

簡単に言えば、市場を作る儲かるサービスを作る

ことです。

ピーター・ドラッカーがビジネス成功の概論として提唱しました。

 

活動のプロセスは以下になります。

1.市場調査

消費者が何を求めているかを知るためにアンケートを

とったり、公的なデータを用いて分析をします。

 

2.サービスを開発、もしくは引っ張ってくる

市場調査の元、顧客が求めているであろうサービスを

開発する、もしくは既存で世に出ている

他企業のサービス提供の支援を申し出るかを決める。

 

3.広告宣伝

開発、もしくは他社のサービスを顧客に知ってもらう

ために宣伝やインターネット広告といった活動をする。

 

4.検証

広告宣伝の費用に対して、効果はどのくらいあったのかを

検証します。

この検証データから宣伝を打ち止めにするか、

費用をさらに投入するかといった対策が投じられます。

 

UXとマーケティングはどのように違うのか

UXの考え方として、

前提にあるのが”ユーザー体験を設計すること”

です。

 

そのためマーケティングの顧客目線や市場調査と

少し似通ったところがあります。

 

しかし、UXはデザイン思考から誕生した

アプローチ法のため、”顧客が求めるサービス”という

視点で考えることは少ないです。

 

利益とユーザー、どちらを獲得しますか?

例えば、みなさんYoutube見ますよね?

Youtubeが始まる前に広告が流れ、

また動画の途中で広告に切り替わってイラつく。。

こんな体験したことありませんか?

ここで数値を見て、

利益が多く出ているが、ユーザーは快適に

動画を閲覧しづらそうだなと導き出しても、

 

利益が上がっていればまあ成功

この価値観がマーケティングです。

 

逆に、

利益は物足りないが、ユーザーからの評価は高い。

 

ユーザーからの評価が高い

この価値観がUXです。

 

聞く分にはUXの方が良いように聞こえますが、

これでは企業が成り立ちません。

だから昨今のビジネスでは

マーケティングとUXは同等の存在で、

掛け合わせることで顧客が満足し利益を生み出せる

という方向性が強くなってきています。

 

まとめ

マーケティングは利益を生み出すための理論であり、
UXは顧客の問題を解決するアプローチ法です。

 

よって、UXとマーケティングは異なる理論、方法で

ありますが

最終目的である”価値の提供”、”ビジネスの成功”という

部分は同じです。

 

利益が上がるからという理由で、

UX部分を改善しなければ他の新しい利益を上げる

施策を考えなくてはなりません。

 

ユーザーの存在を無視しては利益は生まれないからです。

 

よって、ユーザー視点(UX)を踏まえた長期的にプラスに

なる方向へ目指すことが重要です。

 

 

【スポンサーリンク】